上映映画

ミニオンズ

2015年製作/91分


◯ スタッフ
監督: ピエール・コフィン/カイル・バルダ
脚本: ケン・ダウリオ/シンコ・ポール
音楽:ファレル・ウィリアムス/ヘイター・ペレイラ
◯ キャスト(※日本語吹替え版声の出演)
スカーレット・オーバーキル:天海祐希
ハーブ/フラックス教授:宮野真守
ウォルター・ネルソン:設楽統
ウォルター・ネルソン・ジュニア:日村勇紀
ナレーション:真田広之

解説:『怪盗グルー』シリーズで登場し人気を博した、謎の生物ミニオンたちが主人公のアニメーション。正体不明の愛くるしいキャラクター、ミニオンたちの秘密や、グルーとの出会いなどが本作で明らかになる。ボイスキャストを務めるのは『ゼロ・グラビティ』などのオスカー女優サンドラ・ブロックや、『ニード・フォー・スピード』などのマイケル・キートン。世界中を笑いの渦で包み込む、キュートなミニオンたちの知られざる謎に目を見張る。

 

ストーリー:謎の黄色い生物ミニオンが誕生したのは、人類が誕生するよりもずっと前のことだった。ティラノサウルスやドラキュラ、ナポレオンといったその時代その時代の最強のものに仕えてきたミニオンたちだが、毎度失敗して長続きしない。仕えるべきボスがいなくなるとともに生きる目的を見失うミニオンたち。そんな仲間たちのために、ケビンやスチュアート、ボブは南極やニューヨーク、ロンドンを周り、最強最悪のボスを探す。

レインツリーの国

2015年製作/108分

◯ スタッフ
原作:有川浩
監督:三宅喜重
脚本:渡辺千穂
音楽:菅野祐悟
◯ キャスト
向坂伸行:玉森裕太
人見利香:西内まりや
ミサコ:森カンナ
井出広太:阿部丈二
向坂豊:大杉漣
向坂文子:高畑淳子

 

解説:「図書館戦争」シリーズなどの人気作家・有川浩によるヒット小説を実写化したラブストーリー。あるブログの管理人をする女性とメールをやりとりするようになった男性が、会うことをかたくなに拒む彼女の思わぬ秘密を知る。監督は『阪急電車 片道15分の奇跡』『県庁おもてなし課』と有川の小説映画化作を手掛けている三宅喜重。主演はテレビドラマ「信長のシェフ」シリーズなどの玉森裕太が務め、テレビドラマ「山田くんと7人の魔女」などの西内まりやがヒロインを演じる。恋のもどかしさと素晴らしさを深く見つめた物語にときめく。

 

ストーリー:高校時代に夢中になって読んでいた本「フェアリーゲーム」について、何となくインターネットで検索をしてみた伸行(玉森裕太)。「レインツリーの国」というブログに書かれた「フェアリーゲーム」の感想に興味を持った彼は、その管理人を務めるひとみ(西内まりや)にメールを送付する。それを機に、メールをやりとりするようになる二人。実際に会って話がしたいと考える伸行だったが、ひとみはその申し出を拒否し……。

デフフットサル女子代表トークショー